眼瞼下垂について

眼瞼下垂の手術をしたときにどれくらい入院するか

病気などで手術をするとき、一般的には入院が必要とされています。
でも、最近は手術の技術が進歩しています。
また手術による傷の大きさも変化しています。
内臓の手術なのにほとんど入院することなく退院することができる場合もあるようです。
あまり入院することができない人にとっては、入院がない、期間が短い方が良いと感じるでしょう。
眼瞼下垂の状態が悪くなったとき、手術を勧められることがあります。
この時にどれくらいの期間入院しないといけないかです。
レーシックや白内障の手術の場合、日帰りでできることが多いとされます。
同じような感覚で、その日のうちに帰れると考えている人もいるようです。
目よりも、その周りの皮膚を切ったり、縫合したりする手術になります。
眼瞼下垂の手術は病院によって異なりますが、一般的には、1週間ぐらい入院が必要とされています。
ですから、仕事などがある人は、連休であったり、有給休暇をうまく利用するとよいでしょう。

Copyright(c) 眼瞼下垂 All Rights Reserved.